PR


【悪い事しか起きなかった】良くないダイエット集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たぬきです🔆

今の日本と言えば、「細い=美」という象徴がありますよね。街を歩けば細い人ばかりで、私の友達で10人中8人はダイエットをしています。全然、太ってないのに!!!!

とわ言うものの私も10代の頃は、標準体重でありながら「40キロ代になりたい」という思いから色々なダイエットをしました。

なので知識も無いままひたすら、痩せる事だけを目標にしていたら痩せるどころかどんどん体調が悪くなりました。私の無知が引きおこした悪夢です・・・。

私の様な人が出ないようにするために、今回は実体験をもとに良くないダイエットをお話します。

炭水化物、完全抜きダイエット

3食、必ず炭水化物を完全に抜いておかずやサラダのみを食べていました。

体重は減りましたが頭がちっとも働かなくて当時高校性だった私は授業中、居眠りだらけ・・・😢体育の授業があろうもんならちっとも走れなくて体だがすごくだるかったです。

大人になって炭水化物抜きダイエットの事を調べると、集中力の低下だったり倦怠感だったりやはり悪影響しないと分かりました。

0キロカロリーのみダイエット

「0キロカロリーのものなら太るわけないでしょ!」と0キロカロリーのもだけを食べる生活・・・。コカコーラゼロや寒天などでお腹を満たしていました。

しかし、全然体重が減らない!!!それどころか顔がむくんで一回り大きく見える。

0キロカロリーって人口甘味料で美味しくしているものですよね。人口甘味料というのはインスリンが過剰に分泌されて、血糖値が急激に上がってしまうので結果肥満をもたらすのです。

痩せようとしてやってたのに、太るなんて本末転倒・・・。

そして、人口甘味料は他にも内蔵の異常をきたしたり、気分の落ち込みを促進させるのだとか。もう、体の中がどろどろになった気分でした😱

運動一切なしダイエット

運動をする時間と体力が無かったので、運動を一切せずに食べ物のみでダイエットをしました。

だんだんと痩せてきているものの、なんだか皮が伸びているようでたるみができ年寄りの膝みたいになってしまいました。

当時、高校性だった私は制服でしたのでスカートを履くのが逆に嫌になりました。

運動をしないと、脂肪と一緒に筋肉量まで落ちてしまうのですね😱だから、体脂肪を燃やす有酸素運動と筋肉を付ける無酸素運動をほどよく両立してやることを学びました。

食べない!とにかく食べないダイエット

「なんだかんだコレが一番手っ取り早い!」と過信して1日さらサラダ一皿とかにしてました。今、考えると本当に危険な行動。

そして、その代償に生理周期が狂ってしまい1ヶ月来なくなったり、2週間おきにくるようになったり、もうめちゃくちゃ・・・。学校の健康診断では見事D判定になり再検査😢

無知と若さって怖いですね。食べないダイエットは髪の毛や肌、骨をボロボロにするし免疫力も下がります。

良い事なんて1つも無いのです。

スーパーハード運動ダイエット

1日6㎞走り筋トレをがっちりする、スーパーハードな運動ダイエット。学校が終わったら即、走り込み、筋トレで汗を流す。寝る頃にはクタクタ・・・。

「これくらいすれば痩せるっしょ!」と思っていたのですが待ち受けたのは、有り得ないほどの疲労感と猛烈な筋肉痛、そして膝の炎症となぜか片頭痛もちになってしまった・・・。

原因はオーバーワークというものでした。過剰な運動で心身のパフォーマンスがだだ下がりして回復する事もできなくなっていた模様😢

寝ても寝てもちっとも回復しなかったです。運動は自分のスペックをきちんと把握して程よくする事が大事なのですね。

目指すべきは体重を落とすのではなく健康的な体

程よい肉付きがあり、程よい筋肉があって程よく引き締まった体。この、体が大人になった私の目指している体です。

体重を減らす事ばかり考えていましたが、それは違う。笑顔で心身共に生き生きとしていられなければ、意味が無いです。

そして、太りたくても太れない人もいます。

それぞれ、事情も環境も違うけれどただ体重を減らす間違ったダイエットや、やる必要の無いダイエットはやるべきでないと思います。やるのは、健康的に引き締める事。

いつか、こんな考えがもっと広まれば良いなと思います。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする