PR


探し物が見つからない時の簡単な解決策3つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たぬきです🔆

みなさん誰しも探し物が見つからない時ってありますよね。

100円ショップのボールペンや割り箸が見つからないくらいなら、また買えばいいのですがそうもいかない大切なものをなくす事もあると思います。

どこを探しても見つからない・・・。「もう、いいや。」ってなりそうなそこのあなた!!!

あなたの探し物を見つけるお手伝いを私がします。今から言う事を順番にしていってくださいね♪

なくす前の行動をたどる

例を「昨日まで使っていたメガネをなくした」にしましょう。

昨日使っていた時の場所や時間帯、周りに誰がいたのか、自分はどんな服装をしてどんなカバンを持っていたのかなど細かく思い出します。メガネを外すまでの事を順番に振り返るのです。

【例1】

「昨日、メガネ使った時は午前の仕事中・・・。お昼ご飯の時間になってメガネを外しているはずだから会社の引き出し!!!???」

【例2】

「昨日、メガネをしていたのは夕方の運転中・・・。家についた時、宅急便がたまたま来ていて急いだ僕は車でメガネを外して助手席にぶん投げたんだ!!!???」

どうでしょうか。私はこの振り返るという方法が1番効率が良くて探し物が見つかりやすいと思います。

過去に大事なお店のポイントカードを無くした事があって再発行できないとか言われるし、今までポイントを貯めていた努力とさよならするところまで行きました。

しかし、この無くすまでの記憶を振り返ってみたら昨日行った公園のベンチのポツンと置いてあったのです。

誰しも、大切なものをなくすと汗ってしまいがちですがこうして冷静になって考えると見つかる事もありますので、みなさん一度振り返ってみて!

自分のなくし物のパターンを参考にする

今まで他にもなくし物をしてきた人はその時の事を思い出してみてください。

「あ、俺はすぐ何でもポケットに入れる癖があるからポケットの中だ!前も入れたままでなくしたって騒いだんだよね・・・。」

とか

「私は前にデパートのトイレに買ったものを忘れた事がある!フックにかけたままトイレから出ちゃったんだよね・・・。だから、今回もなくした上着はスーパーのトイレのフックかも。」

などと自分のなくし物のパターンが分かるだけで見つかりやすくなります。

自分の事は自分がよく知っているはずです。よく、私が無くし物をした時に家族に「車の下とかにあるんじゃないの~?まったくもう~。」って言われるんですが「そんな所置かねーし!!!」って思うんです。

やっぱり自分の事は自分しか知らないなと。自分の無くし物は自分で探すべきだなと。

あきらめてみる

「意味無いだろ!」と思った方々、これは最終手段だとお考えください。こんな経験、ありませんか?

「あんなに一生懸命探したのに結局ここにあったよ~。灯台下暗しー!」そうです、あんまり根詰めて探しても大事な所が見えないのです。

なので、一度なくし物から離れてゆったりと過ごしてみましょう。私はよく1週間後とかに見つかります。「もう、新しいの買っちゃったよ!」って自分にキレるのですが。

だけど、探し物が見つかるとなんとなくスッキリしてサッパリして心の引っかかりが無くなるので私はこれもよくやる方法です。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする