PR


日記は「自分の最高の教科書」になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たぬきです🔆

みなさんは、日記を書いていますか?

日記と言えばよく「最初のページ以外は真っ白」とか、「毎日、同じような内容になってしまう」と、多くの人が挫折しているのを耳にします。

私は、日記を18歳の頃から5年間書き続けていますが、正直控えめに言って、日記は書いた方が良いです。

なので、今回は私が日記を5年間書き続けてきて起こった事と日記を書き続ける方法を紹介します。

お知らせ・日記を書いた事が無い人
・日記が続かない人

最大の敵「ネガティブ思考」が治った

私は極度のネガティブ思考でした。「もし、こうなったらどうしよう」とか「もし、ああなったらどうしよう」とか、どんどん悪い方向に考えてしまい、起こっても無い事に無駄に苦しめられてきました。

ネットに書かれている「ネガティブ思考を治す方法」とか「ポジティブなる方法」とか、沢山調べていました。けれど、いくら調べても私のネガティブ思考は治りませんでした。

けれどある時突然、私のネガティブ思考が治ったんですそれは、自分が書き溜めた日記のおかげでした。


どうやってネガティブ思考が治ったのか?

私は、悩みができた日には必ず細く日記に書き加えていました。

✔何が起きたのか
✔今、自分はどうなる事が一番避けたい事なのか
✔その時の素直な気持ち

その時は、ものすごいブルーな気持ちで書いているので字も元気が無いし、顔文字も書く余裕が無く、まさしく地球最後の日って感じの日記でした。

しかし、1ヶ月がたった頃、地球が終わるくらい悩んでいた事がどうってことなく消えていました。そして、「あんなに悩んでいたけれど、あっさり解決したよ」と日記に記したんです。

そして、日記を3ヶ月、6ヶ月と書いてる内に私の悩みは、「いつか、必ずあっさり消えていく」という事に気が付きました。

その事に気づいてからまた何かに悩んだ時も「あ、今回の悩みのパターンはあの時と同じだからおよそ2週間くらいで解決しているだろう。」と、分析する事もできるようになりました。

「何が起きたのか」「今、自分はどうなる事が一番避けたい事なのか」「その時の素直な気持ち」などを、細かく書いたおかげで、こうして分析できる事に繋がりました。

そして、私は嘘のように悩まなくなったんです。あんなに解決しなかったネガティブ思考が治ったのは、日記のおかげでした。自分が自分を救ったのです。

1日を大事にするようになった

私は日記を読み返す時、必ずある日付を見ていました。それは、日記を読み返す日と同じ日付の日です。

例えば読み返す日が2018年6月1日だとしたら、2017年6月1日、2016年6月1日、2015年6月1日・・・と過去をプレイバックするのです。

そうすると、去年の6月1日は文面で、割と鮮明に出来事を思い出せるのですが、去年、一昨年となっていくと記憶が曖昧になっていきます。

私はその時、無性に悲しかったんです。記憶をすべて残すなんて人間の脳にはできっこないと、もちろん分かっていますが、悲しかったんです。

「2年前の私は、2年後の私に忘れられている」という事だから。

そう思ったら、私は何のへんてつもない1日を大事にするようになりました。小さな幸せを見つけたり、毎日、一生懸命生きている自分を褒めてあげるようになりました。

日記は過去の自分を未来の自分が忘れても良いように、自分が泣いたり起こったり、笑ったりビックリしたりちゃんと生きていた証を、毎日日記に書いて未来の自分に届けるものだと思いました。

日記を書き続ける方法

ここまで、私のお話を読んでくれた人は「日記を書くとこうゆう事がおきました」というのが、分かりましたよね?

それをモチベーションにして日記を書いてください。私が5年間も日記を書き続けてきた理由、そしてこれからも日記を書き続けていく理由は「日記を書くとこうゆう事が起こる」というのが身をもって知ったからです。

だから、今となっては日記を書く事が面倒な日はありません。インフルエンザにかかっても書いています(笑)

日記は自分の最高の教科書

日記は自分が生きてきた過去の事しか書いてありませんが、その過去の事によってこれからの未来の自分の生き方がきちんと見えてきたり、良い方向へ向ける事ができます。

今は、写真が手軽に撮れる時代で、その日の出来事や思い出を残す事は簡単ですが、1日の終わりに紙とペンでその日の自分を書き出す事に意味があると私は思っています。

日記は自分の最高の教科書です。みなさんも、ぜひ日記を書いてみてください。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする