PR


「忘れ物」をさくっと改善する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たぬきです🔆

みなさんは、忘れ物ってしますか?人間ですから、多かれ少なかれ忘れ物ってすると思うのですが、しない事に越したことないですよね。

私はよく周りの人に「あなたって忘れ物、全然しないよね🙂」言われます。私は忘れ物をしないように、ある事を心がけてます。

今回は、忘れ物が多い人の特徴と改善できるお話を紹介します⭐

忘れ物が多い人の特徴

そそっかしい

そそっかしい人は、落ち着きが無く浮足が立ち、他の事や別の事を考えてしまいます。そして、後先を考えずに思い付きで行動を起こしていしまいます。

そのため、不注意によるミスが多くなります。そのため、バックに入れたはずのあれが無い、これが無いに繋がってしまいます。

マイペース

マイペースな人は、あまり物事を深く考えません。そして、とてものんびりしているので、周囲との時間軸のずれが生じます。

何より、マイペースな人は自分に確固たる自信がある人が多いです。考えなくてはならない物事を自分が後回しにしたければ堂々と後回しにする事があるので、「忘れ物なんて自分はしない、以上」と、忘れ物に関して関心がないのです。

そしてそれが、忘れ物をする事に繋がるのです。

準備を当日の朝している

明日の準備を当日の朝に行う人は、だいたい忘れ物をします。

きっと、当日の朝に準備をする人はだいたい朝が弱い人だと思います。なるべく寝ていたいという気持ちから、目覚まし時計の設定をギリギリにしますよね。

そして、起きれたものの朝は、自分が思うより行動がとてもゆっくりになってしまい、昼間や夜よりも時間がかかります。

そのため、気づいたら「やばっ!もう、こんな時間!」という事になってしまうんです。そんな状況の中、忘れ物無く準備するのは難しいですよね。

そもそも物を重要視していない

「本当に必要な物」と、きちんと思っていますか?

「もし、忘れても買えばいいや」とか「もし、忘れても死ぬわけじゃないし」とか、思っていませんか?上記のマイペースな人に少し似ているのですが、忘れ物が多い人はそもそも物を重要視してないんだと考えます。

忘れた場合の対処法や言い訳を準備しているので、気がひきしまらず結局、忘れ物をしてしまうのです。

忘れ物を改善する方法

持ち物のチェックリストを作る

必要な持ち物のチェックリストを作りましょう。よく、買い物をする時、買うものを紙にメモしますよね。それは、メモする事によって買い忘れや、漏れを防げるからですよね。

忘れ物をしないためにも、チェックリストを作って準備ができた物には、チェックを入れてください。

ただ、要注意なのは準備した物を再び取り出したりした時にです。チェックリストにチェックがついてるからと、取り出した事に忘れないでくださいね。チェックがついている事に安心してしまうと、取り出した事を忘れてしまいます。

最終チェックをし直す事も忘れずに!

前日に準備する

これは、先ほども少し触れました。時間と眠気に余裕がある前日に準備する事で、忘れ物を防げます。

私は、必ず前日の夜に準備をするのですが忘れ物を防げる所か+αであったら良い物まで考える事ができます。すると、昨日、気づけたから出来る事が増えとても得をしました。

玄関に紙を貼る

家を出る時に必ず目に付く玄関に張り紙をしましょう。「忘れ物はありませんか?」こう、書いてください。

忘れ物をしたら自分にペナルティーをつける

忘れ物をした場合ペナルティーを自分に与えましょう。

ペナルティーがある事で、忘れ物に対し意識的になります。ペナルティーの例は「忘れ物をしたら、夕飯の炭水化物を抜きにする」「忘れ物をしたら、腹筋を50回する」「忘れ物をしたら、1000円貯金箱に入れる」

など、自分が「地味に嫌だなあ」というものがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。忘れ物というのは少しの工夫と努力で改善できます。

忘れ物した時「しまった!!!」というあの感情を二度と味合わないためにも、お互いに頑張りましょうね(笑)

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする