PR


おしゃれだけじゃない!犬に服を着せると良い理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



みなさんこんにちは、たぬきです🔆

犬を飼っているみなさんは犬に服を着せていますか?

今は人間顔負けのお洒落で高級な犬用の服が売られていますよね。外を歩くと服を着てお散歩しいている犬を沢山見かけます。

私の服よりも値段が高い・・・。

犬に服を着せる理由は「おしゃれだから。」・「可愛いから。」という以外にも沢山あるのはご存知でしょうか!

私は犬の服はおしゃれのためだけに着せるものだと思っていましたが、実はそうではないのですね。

なので、今回は全国の飼い主さんへ犬に服を着させると良い理由をご紹介します♪

抜け毛の散らかり防止になる

コーギーやミニチュアダックスフンド、ポメラニアンなどはよく毛が抜ける犬種で有名ですが、犬は2回の換毛期があるんですよね。

わん太
僕も換毛期になるとごっそり抜けるんだ!

その時期になると、毛が散るのでお掃除が大変ですよね・・・(汗)ほうきやコロコロを常にかけっぱなしって感じです。

そんな時に服を着せる事で抜け毛が散らかるのを防ぐ事ができます。飼い主さんとしては、このお掃除の負担が減るだけで楽になりますよね♪

冬は暖かい

人間もそうですが、冬に服を着込むと暖かいですよね。犬も同じです( *´艸`)

「たかが服が一枚!」と思うかもしれませんが、1枚あるだけで暖かさが全然、違いますぞ。

わん太
俺たちも冬は寒いんだよ~。

にゃん子
犬は庭を駆け回るんでしょ!

わん太
コタツで丸くなれる猫はいいよな・・・”(-“”-)”

そして、室内犬は屋外犬に比べて体温調節があまり上手ではありません。なので服を着させる事で飼い主がうまく調整する事もできます。

寒い冬は飼い主さんの愛情で温めてあげましょうね!

ケガの防止

気を付けていてもお散歩中に転んでしまったり、何かに傷つけられたりしてしまう事もありますよね。そして、ただの道路でも気づかないところに、危ないものって沢山転がっています。

そんな時に服を着せているとケガの防止にもなります。服1枚でケガが防げるなら安いもんですよね!

わん太
俺たちを守ってけろ~💦

皮膚病の予防

服を着せる事でマダ二や蚊に食われたりなどの皮膚病の予防になります。

そして、犬は日光の当たりすぎによりで皮膚病になってしまう事もあるので紫外線の強い夏こそ服を着せる事をおすすめします。

人間は日光に当たらなすぎると病気になり、犬は紫外線に当たりすぎると病気になってしまうのですね。

犬は角質層が人間の1/3程度しか無いため、非常にデリケートなんです。特に、毛の薄いお腹は弱いので要注意。服を着させてしっかり対策しましょう!

わん太
体の大きい犬も皮膚はデリケートなんだよ~(>_<)



汚れの防止

お散歩へ行くとどうしても、体が汚れてしまいます。人間の目には見えない汚れも沢山付いているので散歩後のお手入れは必須ですよね。

しかし、服を着させる事で汚れをつきにくくしてくれます。そして、雨の日は体を濡らしにくくするので寒さも回避♪

手足が短くて地面と体の距離が短い子犬や、ミニチュアダックス・フンドやコーギーにとって服は汚れ防止に大活躍する事でしょう🐶


犬が服を着てくれない場合は・・・

もともと犬は服を着ないものですから、嫌がって当然なんです。なので、長期戦になってしまいますが服を着てもらうための方法を紹介します。

全国の飼い主さん頑張れ!!!

何かに気を取られている間に着させる

人間でもよくありますよね。「あっ!UFO👽」といって気を引いてその瞬間に人のポテトをつまみ食いする事。同じことを犬にもしましょう。

ご飯を食べている間や、おもちゃで遊んでいる瞬間を狙うのです。

わん太
俺たちは夢中になるとそれ以外見えないからね!

服を着させたらご褒美をあげる

「服を着るとこんなに良い事が待っているんだよ🎵」というのを教えましょう。

”服い=嫌なもの”という概念を薄めてあげるのです。

おやつなどのご褒美をあげる・思いっきり「良い子だね。」と褒めてあげるなど犬にとって嬉しい事をしてあげるのです。

【注意】

服を着させた時に、服を噛んでしまう犬は誤飲の可能性があるのですぐに脱がせてあげてください。

まとめ

犬に服を着せる事がこんなにも良い事だらけだったとは!!!知らないのと知るのでは天と地の差ですね。

飼い主さんの小さな気遣いが、犬にとっては大きな気遣いになるので些細な事も取り入れていきましょう!たかが服!されど服!

わん太
僕たちにきちんと愛情伝わっているよ!

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする