PR


旅行や恋愛じゃない!大学生のうちにやるべきこと5つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たぬきです🔆

大学生のみなさん、何をしてお過ごしでしょうか。

アルバイト?勉強?合コン?

大学は人生の夏休みと言われているくらいなので、きっと様々な事ができて非常に幸せなひと時を過ごしていると思います。

あぁ大学生に戻りたい切実に。

しかし、大学を卒業した私は「もっと〇〇をしておけば良かった・・・(>_<)」と絶賛後悔中です。

よくある「恋愛」とか「海外旅行」とかそれも良いのですが、灯台元暮らしで他にもやっておいた方が良い事ってあるんです。

今回は、大学生ナウの人・大学ウィルの人に「大学生のうちにやっておいた方が良い事」を紹介します♪

※筆者である私、たぬきはFラン大学の卒業生であることを予めご了承ください。

わん太
みなさんの参考になるのかな・・・(笑)

お昼寝

お昼寝の気持ち良さってなんなんでしょうか・・・。これは大学生に限らずみんな思う事ですよね。

私は大学生時代はナマケモノのように沢山のお昼寝しました。家でだけでなく、学校の使われてない教室でも寝ました。

学校に ミニ枕を持参してたよ。

しかし社会人になるとお昼寝って休日しかできませんよね。お昼ご飯を食べて、午後の勤務を再開した時のあの猛烈な睡魔が襲ってきた時「あぁお昼寝はもうできないんだな😢」って痛感しました。

お昼寝というものは土日ではなく平日の真っ昼間にするから気持ち良いのです。

みんなが違う教室で授業を受けてる中、自分は爆睡するのってマジ最高↑↑

夜更かし

当時の私は夜更かしというものをあまりしませんでした。眠くなくても無理矢理お布団に入っていたのは健康のためです。

昼夜逆転しても困るし、授業に遅刻しても困るし。

しかし、社会人になると夜更かしをしたくてもできなくなるんですね。体力も無いしお仕事もあるし、色々な責任を背負わされ夜更かしどころじゃない・・・。

「今日はなんだか眠くないし、朝まで好きなアーティストのライブDVD見るぞ~😊⭐ついでにポテチとコーラも用意しーちゃお★」って思っても体が拒否をします。

大学生時代とは天と地の差でやんす。

「もっと大学生の時にあの夜更かしのワクワクといけない事をしてるようなスリル、味わいたかったな~。」って思ってます。

今日も首にサロンパス貼ってもう寝よっと


ぶた郎
くそばばぁ!!!

学校の図書館をフル活用

学校の図書館は借りるのがもちろん無料ですよね。この無料という所がすごくありがたいんです。

ちょっと中身を見たいがために1500円もする参考書を買うのはもったいないし、一度見れば十分な雑誌を買うのももったいないです。

こういった図書館代もみなさんが払っている授業料に含まれているんですよ。私立大学ならなおさら!

元をぶん取るくらいで借りまくっちゃいましょうや!!!

自分磨き

私がしていたのは筋トレです。暑い日も寒い日もやっていました。大学生は時間も体力もあるどころか、気持ちまで前向きですからね。

しかし、社会人になったとたん灰のようになってしまった私。疲れからお風呂も白目、食事中も白目、YouTubeを見る時も白目。

そんな中、自分磨きなんてとうていできませんでした。仕事終わりにジムとか行ってる人は本当にすごい!!・・・ですよねぇ。どうやったらあぁなれるんだろうか。

自分磨きって人生において素晴らしい事だし、やって損は無いのです。だから、大学生のうちにしっかりと磨き抜いていれば良かったと後悔しましたね。

わん太
大学生のうちに磨き抜いていれば社会人になった時、数ヶ月は輝いていられるもんね。

「暇~」という感情を噛みしめる

大学生は時間や体力がたっぷりあるのに、責任が無いという幸せな環境にいます。

だからこそ、やる事がないと「暇~退屈~。」ってなるんですね。時間を無駄にしてる感じや充実してない感じがとても虚しくて。そのまま布団の中で1日を過ごす。

夏休みや春休みは2ヶ月くらいありますから、こんなの日常茶飯事。

でも今になって、それは本当に幸せは事だったと実感しています。大学生が終わればせわしない毎日の始まりです。息つくまもなく休みが終わり、再びお仕事へ向かうんです。辛い・・・。

今思えば「暇~」ってめっちゃ贅沢な悩みです。あの時の感情を再び味わいたいもんです。

まとめ

大学に入学した時は、「4年間って長いよなぁ。4年後、自分は何をしているのだろう。」と上の空って感じの気持ちでした。

しかし、4年間はアッという間。風のように去っていき残されたのは気持ちが追いつかないぶざまな自分だけでした。

みなさんにはそのような事になってほしくないのです。切実に。

わん太
後悔の無いように毎日楽しんでね♪
AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする