PR


適当なパジャマは睡眠の質を爆下げする!選び方のポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



みなさんこんにちは、たぬきです🔆

みなさんは寝る時にどんなパジャマで寝ていますか?もしかしたら大半の人は「パジャマなんて寝れれば何でも良くね?」なんて思っているんのではないでしょうか💦私もそうでしたから(笑)

しかし、パジャマにはきちんとした意味があり、ちゃんと選んだ方が得なんです!「どう選べば良いの?」って思った人はこのままこの記事を読んでくださいね。

今回はダメなパジャマときちんとしたパジャマを選ぶ時のポイントをご紹介します⭐

こんなパジャマはダメ!

冒頭でも言った通り適当に選びがちなパジャマ。みなさんも思い当たる節はありませんか?

✔学校のジャージまだ使えるし、これで良いや!

✔ボタンがついてるパジャマなんてダサいよ。スウェットっしょ!

✔着替えるのだるいからこのまま寝ちゃえ~zzz

✔上下ともバラバラの着なくなった古着・・・。

✔きついけどサイズがSしか無かったし可愛いからこれ着るもん!

✔衣替えだるいから夏になったけどこのままで良いや!

このようなパジャマは睡眠の質を爆下げします。爆下がりすれば体の疲れも取れない所か、逆に疲れます。朝、起きた時の「なんかだるいなぁ。」はパジャマのせいかも知れませんよ🙄

パジャマを選ぶ時のポイント

汗をきちんと吸収してくれるもの

人は寝ている間に、コップ一杯の汗をかくと言われていますね。特に夏の暑い時期は自分が思っている以上に沢山の汗をかいています。

そして、冬は汗をかきにくい季節なのですが、実は電気毛布や分厚い羽毛などで体が温まり汗をかいてしまうんです。なので、パジャマできちんと汗を吸収しないと気持ち良く眠れなくなってしまうんです。

そして、汗が吸収されずそのまま残ってしまうと体を冷やしてしまったり、あせもなどの肌トラブルを引き起こすのでろくな事がありません。綿素材のパジャマは吸湿性もあり、乾きやすいのでおすすめです。

動きやすいもの

人は寝ている時に寝返りをしますが、寝返りには2つの役目があります。1つ目は血行を促し筋肉をほぐし、体全体をリラックスさせる役目です。

そして、もう1つは1日の体の歪みをリセットしてくれる役目です。こんなに重要な役割を果たしてくれるのに、動きにくいパジャマを選んでしまったらせっかくの、良い効果を実感できなくなってしまいます

寝返りしやすい薄い生地がおすすめです。冬場は分厚いパジャマを着込んでしまいがちですが、薄手のものを選んでみてください✨

着心地の良い物

「ちょっときついなぁ。」「何この素材!痛っ!!!」などと不快に思うパジャマは控えましょう。かわいいから、おしゃれだからという理由で選ぶとスムーズな入眠ができない所か熟睡する事もできなくなってしまいます。締め付けが無く、肌触りの良いリラックスできるパジャマを選びましょう🎵

シルク素材のパジャマは肌触りが非常に良いです。少し価格は高くなりますが、それなりの品質のパジャマです。

洗ってもへこたれないもの

パジャマは毎日のように使うものです。なるべく持ちの良い頑丈なものを買いましょう。綿素材のパジャマは比較的、丈夫に作られています。ジャブジャブ洗ってもへこたれないのでおすすめです✨

まとめ

パジャマを選ぶ際のポイント

✔汗をきちんと吸収してくれるもの
✔動きやすいもの
✔着心地の良い物
✔洗ってもへこたれないもの

いかがでしたでしょうか。
パジャマは毎日、必ず使うものですから気を遣って選んで熟睡できるようにしましょう。熟睡できなかった1日と熟睡できた1日とでは天と地の差ですからね。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする