PR


リュックはメリットいっぱ!選ぶ時のポイントはこれ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たぬきです🔆

リュック派の人、リュック派じゃない人、ちょっと集合です。リュック派の人は更にリュックのトリコになり、リュック派じゃない人は今すぐリュックを買いたくなるお話します。

リュックを背負うと生活の質が向上する

両手があく

人は歩くとき両手を振り上げ歩きますよね、その時に片方の手にバックがあるとその振り上げが甘くなり自分が気付かないうちに歩きにくくなっているそうです。

また、誤ってつまずいてすってんころりした時に両手が開いてないのは非常に危険です。顔から強打してしまうからです。人と一緒にいて顔面からいくならまだ良いです。一人の時、顔面からいったら痛みよりも恥ずかしさが勝り、その後にジンジン痛むという事になりますからね。

重さを感じにくい

5㎏の荷物を運ぶ時、片手に持つのと背中で背負うのどちらが楽だと思いますか?人をおんぶする時、子供はさておき大人を片手で持ちあげるのはできませんが背中で背負う事は可能ですよね。

それだけ、背中で背負うリュックは重さを感じにくいのです。

猫背を防ぎやすい

現代人に多い猫背。なんとリュックで猫背が防ぎやすくなるんです。両肩に後ろから引っ張られるように重いものがぶら下がると嫌でも背筋が伸びますよね。

そういえば私が見るランドセルを背負った小学生はみんな姿勢が良い・・・。尊敬・・・。

リュックを選ぶ時のポイント

肩が凝らないもの

リュックの素材が硬かったり重かったりすると、肩が凝ってしまいます。付け加えて重い荷物を入れる場合は更なる肩凝りが期待できるでしょう。

通勤・通学で朝から肩が凝るなんて最悪な一日の始まりです。軽量設計のものも沢山あるので好みのデザインを見つけましょう。

丈夫な物

「そんなに荷物を入れないよ~。」という人以外は丈夫なリュックにしましょう。仕事や学校には持って行くものが沢山ありますし、女性はただでさえ荷物が多いですね。

私はもろもろの荷物の他に500㎖のお茶を必ず持ち運ぶので、そえだけでリュックが重くなり友達に「久しぶり~😊」なんて手を振って走ろうものならリュックが大きく縦揺れし、衝撃が加わっています。丈夫な物にして損は無いですね。

置いた時独立するもの

リュックを置いた時「ヘニャン」とならず「シャキーン」と独立するリュックがおすすめです。理由は中に入っている紙類などが折れないからです。

クリアファイルにきちんと入れてもリュックがヘニャンとなるとクリアファイルごとヘニャンと中で折れてしまう事があり、非常に悲しかったです。ヘニャン😢

洗える物

毎日のように背負うリュックです。汚れは沢山つくので洗える素材の物をおすすめします。

私は月に1~2回ネットに入れて優しく洗濯機で洗うのですが、素材感が買った当初に戻ったり色味が鮮やかに復活したり、良い事しかありません。

収納ポケットが多い物

収納ポケットは多い方が荷物を奇麗に整理できるし、分かりやすいですよね。

外ポケット・内ポケットと収納ポケットが多い物は大いに活躍してあなたのお気に入りの相棒リュックになる事でしょう。

まとめ

一昔前までは「リュックはカジュアルすぎる。」なんて言われていましたが、今ではその時その時のシーンに合わせたTPOを意識したデザインも増えてきています。

リュック生活は楽だし便利!世の中にリュックがもっと浸透しますように・・・。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする