PR


私が実践している充実した毎日を過ごす4つの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たぬきです🔆

みなさんは、今の生活は充実していますか?また、毎日の生活が充実している人はどれほどいるのでしょうか。

もちろん出来る事ならつまらない毎日を送るよりも、充実した毎日を送りたいですよね。しかし、色々な事が沢山ふりかかってくる人生ですから、そうは簡単に充実した毎日なんて送れません。

辛い事も悲しい事も虚しい事もあるのが人生です。

しかし、あなたの人生は誰のものでも無く自分のものです。つまり、自分の毎日を充実させてあげられのも自分なんです。他人にどうこうできるものではありません。

なので、今日は充実した毎日を過ごす方法をご紹介します。

悪い事も受け入れる

長く生きていれば嬉しくて楽しい事だけでなく悲しい悪い事も沢山経験しますよね。嫌な気持ちになる事なんて毎日のようにあるわけで。

そして、そこで多くの人が嫌な気持ちを消化できないまま床に就き次の日を迎えてしまいます。そうすると、充実どころか「最悪な1日だった。」という形でその日が終わります。

そう考えるのでは無く悪い事も受け入れるのです。悩んだりテンションが下がるのは仕方ありません。しかし、それを受け入れられずに次の日、そのまた次の日まで持ち込む事で更に充実しない最悪な1日を作ってしまうのです。

私は、過去にポイントカードをなくした事がありました。しかも、1500円分くらい頑張って貯めた私の渾身のポイントカード。なんとか見つけようと、自分が訪れた場所を車で探しまわりました。結局、見つからず・・・。

そして、「トホホ😢」となよなよしてた帰り道に縁石に車をぶつけました。もう、踏んだり蹴ったり。しかし、そこで「急がば回れ」という言葉を実感して「次からはもっと落ち着いて行動しよう。良い勉強になった。」と無理矢理プラスに考えてその日を終えました。

ぶつけた時は「最悪な1日だわ。」って思っていましたが寝る頃にはすっスッキリしてた自分がいました。ポイントカードもあきらめよう、縁石には二度と近づかない。寝よう。

悪い事を悪い事で終わらせないという事は、マイナス思考の人やメンタル面が弱い人にとっては難しい事ではありますが充実した1日を作る1つの方法です。

美味しいものを食べる

食欲というのは、私達人間の三大欲求の1つですね。やはり、人間はご飯を食べると元気が出ます。ご飯を食べたあとの行動も生き生きとしますし、何より幸せな気持ちにさせてくれますね。

よく、「食べ物の恨みは恐ろしい」と言いますが言い方を変えると、「食べ物の記憶はいつまでもある」という意味です。人は美味しいものを食べるといつまでも心と胃袋に幸せだった気持ちが記憶されるのです。なので、自分の美味しい!と思うものを食べましょう。

私は、朝ご飯に必ず大好きなウィンナーを食べます。朝から幸せな気持ちになって心も体の温度もポッと温まります♪

1日のスタートに目標を立てる

朝、目覚めたら1日の目標を立てます。大きな事でも良いのですが、小さな事でも構いません。

目標を立てる事で、目標を達成しようと自分が1日を積極的に動く事ができるのです。なので、寝る頃には「充実したな~♪」という清々しい気持ちになれます。

私は「今日はブログの記事3つ書くぞ!」とか「今日のお昼ご飯は野菜をふんだんに使ったヘルシーメニューにするぞ!」という無理のない範囲の目標を立てています。

目標が達成できなくても自分が目標を達成するために、積極的に意欲的に活動できた事に充実感を覚えられます。

好きな事を最低1回はする

やっぱり誰でも好きな事をしている時が1番と言って良いほど充実しますからね♪忙しい毎日ではあると思いますが、些細な事でも良いので「楽しい!」と思える事を1回はしましょう。

恋人との電話、ハマっているげゲーム、スッキリとする運動・・・。

1日が最低な日でも、可もなく不可もなくな1日だったとしても、この1つの行動でガラリと気持ちが変わって、素敵な気分で1日を終わらせる事ができます。

最後に

人間は毎日の生活に充実感があると、素敵に魅力的になれます。そして元気にもなれます。病は気からなんて言葉を跳ね返す事ができるのです。

今、私のブログを見ているあなたが「今日は充実しない1日だったなぁ。」と思っているのであれば今から、この4つの方法を試してから床に就いてください。

やるのはただですからね。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする