PR


面倒な事は後回しにしない方が良いという話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たぬきです。

今、何か面倒な事をしなくてはならないという人はいませんか?

ぶた郎
あるよ。僕は宿題。

私はブログ・・・(>_<)

人間、生きていれば面倒な事なんて山ほどふりかかってくるでしょうし今までも色々な面倒な事をこなしてきたはずです。

しかし、私はものすごいめんどくさがり屋でして面倒な事は絶対に後回しにしてきていました。

小学生の頃の夏休みの宿題は最終日にやる。お風呂も面倒だから家族で一番最後に入る。

本当に「THE後回し人間」

ぶた郎
なんて怠慢な奴なんだ!

しかし、後回しにすると本当に良い事がな無かったわけです・・・。すでに自覚している人もいるんではなかろうか!

なので、今回は面倒な事は後回ししない方が良いその訳と後回しにしないコツをご紹介します♪

面倒な事を後回しにするとこうなるぜよ!

時間に追われて雑になる

先ほども言ったように、私は小学生の頃の夏休みの宿題は最終日にやる人間でした。

読書感想文、ポスター、ドリルと山ほどの宿題があるものですから最終日にやるとひどい事になります。

字は汚いし、計算ドリルもケアレスミスばかりポスターは「利き手じゃない方で色塗った?」みたいな仕上がりだし、読書感想文はただあらすじ書いてるだけ・・・。ひどい。

最初は夏休み最後の週にやろうと決めていたのに気がついたら最終日。やはり、後回しにするとズルズルとどんどんやらなくなるので時間に追われることになります。

時間に追われればぶざまなものしか出来上がらないし、「もっと早くやっておけば良かった(涙)」と、しても仕方ない後悔をもする羽目になります。

後悔ってエネルギーを無駄に使うし本当に体にも心にも悪いよね・・・。

だらしない奴のレッテルを貼られる

高校生にもなれば、親や友達から「あの人は何でも後回し。後回し野郎だよ。だらしないよね~。」なんて後ろ指を指されるようになります。

女性である私は特に母親から耳にタコができるほど言われていました。「だらしない。」

きっと学校でも私の評判はすこぶる悪かったと自負しております(笑)

一度、だらしない奴のレッテルを貼られるとそれを払拭するのは難しいです。

どんなに改心しても「あの人にこれを任せるのはやめよう。」とか、「あなたにコレはできないでしょ?日が暮れるわ。ふっ。」というキツイおしかりの言葉を頂戴する毎日になります・・・。

自分が蒔いた種・・・。

ぶた郎
そこに水やりをしているのも自分だね。ふっ。

後回しにする癖がつく

きっと一度でも後回しにした事がある人は何度も何度も後回しにしている事があるはず。

後回しってしている時は気持ちが楽だし一時的に休憩できて面倒な事を忘れられます。

しかし、その快感が私達に「永遠の後回し」という名の後回しを繰り返す癖をつけさせるのです。中毒性って怖い!

この記事の前半で後回しにすると、こんな悪い事が起こるぞと説明しているのにも関わらず、まだ後回しにしてしまう人も絶対にいます。

人間、良い事も悪い事も簡単に慣れてしまうからね・・・。

面倒な事を後回しにしないようにするコツ

取り組む時間を細かく分ける

「あ~この資料作るのだるいな。来週が提出期限か。」となった時、後回しにしてしまう人は資料を完成させる1ステップから10ステップを頭の中で一気に考えてしまう人です。

1日という短期間で完成させようと瞬時に考えています。

そして、「えっと、これ調べてあれやって・・・うわめんどくせぇ!後ででいいや」という考えになってしまうのです。

なので、1日に進める量を細かくして取り組むと良いのです♪

1日に2ステップづつ資料を作り始めれば無理なく5日で資料が完成します。毎日、資料なんか見たくない人は1日置きに取り組めば10日で10ステップいきます。

焦らず着々と進めていく事を意識してください。物事を完成させる全部のステップは考えずに、少しずつ取り組んでいく事が大切なのです。

塵も積もれば山となる!

面倒な事ほど完成させると達成感がスゴイのです

面倒な事を頑張って終わらせた時、達成感がすごくありますよね?

その時は「自分ってすごい!天才かよ!」ってところまで私は自分を褒めちぎり自分にご褒美をあげたくなります。

そういう気持ちって人生の宝だと思います。自分を輝かせたり、自信をつけさせたり自分の人生を更に素晴らしいもにする肥料なるんです。

きっと、あなたが面倒な事を頑張って頑張って終わらせた事は、何年先も何十年も記憶に残っているはずです。

だから、面倒な事は自分にマイナスな事だけを与える存在ではなくプラスの事も与えてくれる試練なんですよ♪

みなさんに幸あれ!

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする