PR


写真映りが良い人は何をしてるの?写真映りを劇的によくする方法8つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たぬきです🔆みなさんは、よく写真を撮りますか?

私は写真を撮るのが大好きなのですが、写真映りについて気になりました。私の父がものすごく写真映りが悪いからです(笑)3割程ブスに映ってしまうんです。

私は、自分で言うのもなんですが写真映りが良い方なのですが・・・。親子なのに!
今回は、私も含め周りにいる写真映りが良い人を研究してみました🙂

写真映りが良い人の特徴

だいたい口角が上がっている

口角が上がる事で顔の表情が明るくなるので、笑ってはいけない免許証や、証明写真など口角を上げるだけで、映りが良くなります。

🙂←この絵文字も目は笑ってませんが口角が上がっているだけで、感じのよさそうな人に見えますよね!

目を大きめに開いている

あまりにもかっ開くと不自然になるので、やりすぎ注意なのですが目を大きめにひらくと黒目と白目がハッキリしますよね⭐

そうすると、目がぼやけて見えないんです。目がぼやけてしまうだけで表情が暗く見えてしまいます。

顎を引いている

顎を突き出すようにしていると、顔が大きく映っていしまいます💦

そして、上から目線を下す形になるので、人相も悪くなってしまうんです。顎は絶対引きましょう!

姿勢を正している

普段、猫背の私ですがこれでもか!っていうくらい姿勢を正します。

宝塚の方達のようにかっこよく!姿勢を正すと自身があるように見えます⭐それだけで、写真映りは良くなるんです!


自分の良く映る表情を知っている

私は自分が良く映る表情や角度を知っています。鏡を見た時「あっこの顔ブス😭」って思ったら絶対その表情は写真ではしません!

鏡やカメラのインカメ機能を使って自分の表情の研究をしましょう。
私の経験上、1人の時やる事をおすすめします🙂

写真が好き

一番の理由はこれかもしれません。好きなものに触れる時、人は自然と心も楽しんでいます😁それが、顔に現れるのです。

+αで写真映りを良くする方法

まずは上記で書いた、写真映りが良い人のまねを実践する事です。

「もう少し、あとひとこえ!何か写真映りを良くする方法ないのかぁ😵」という方。ご安心ください。まだあります。

レンズの前に自分の好きな物や人を想像する

写真映りが良い人は写真が好きという事に似ています。

写真は嫌いだけど、他の違う好きな物を想像してください⭐飼っているペットでも良いですし、好きな芸能人でも良いです。

写真映りが悪い人は、表情が強張っている人が多いのです。好きな物を想像すると、緊張感がほぐれ表情が優しくなるので、自然と写真映りが良くなります🙂

写真を撮られる事に慣れる

写真が嫌いでも撮られる事になれれば嫌いではなくなります。慣れは良くも悪くも定着しますから、どんどん撮りましょう。

セルフタイマーをセットしたカメラを設置して毎日、撮るのも良いですね🎵

「写真=特別なものじゃない」と思えるように、普段の生活にカメラを仕込むんです!

白い服を着る

白という色は反射効果があり、明るく見せてくれます。

顔に一番近い服に白を取り入れる事で、顔が明るくなり、肌も奇麗に見せてくれます。電気の照明と同じです🔆

まとめ

写真はほんの一瞬です。自分の頑張りもその一瞬で表すんです!最初は難しいし、意識しすぎて不自然になっても大丈夫です。

そして、頑張って撮った写真の中にまぐれでも良く映った写真があったら、それを何度も見て常に意識をしてモチベーションにしてください💜

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする