PR


女性の1人夜道で身を守る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、たぬきです🔆

今も昔も、夜道の女性を狙った卑劣な事件が沢山、起きています。そしてそんな事件もなかなか減りませんね。やはり、自分の身は自分んで守っていくしかありません。

私は1人の女として自分の身を守るべく、防犯対策として行ういる事があります。

こんな人におすすめ・一人歩きをする女性
・奥さんや彼女さんがいる男性

イヤホンは聴いちゃダメ!

音を遮られると、危険が察知できなくなりなす。前方は見えても、背後からの危険に気づく事ができなくなってしまうので、背後から狙われやすくなってしまいます。

早歩き、なんならダッシュする!

ダラダラと歩っていると単純に隙を作ることになります。なんならダッシュした方が良いです。ダッシュしている猫とダラダラと歩く歩ている猫、どちらを触りたくなりますか?

猫がダッシュしていると、猫だった事に気づかない人もいますよね。ターゲットにされる前に、ダッシュして犯人の視界から一刻も早く去りましょう!

露出の多い服を着ない!

露出の多い服は自分が気付かないうちに服が乱れてしまった時、布の面積が少ないので、大変危険です。

スニーカーなどぺったんこな靴を履く!

上記の早歩き、なんならダッシュするために、スニーカーなどのぺったんこな靴は必須です!
スニーカーなら万が一、犯人が近づいてきた場合にも逃げやすくなります。

携帯電話に夢中にならない

携帯電話に夢中になると下を向いてしまいます。下を向くことは背後はおろか前方すら、注意を向ける事ができません。

また夜道の中長い間、画面の明るい携帯電話を見ていると目がチカチカしてしまいます。いざ、顔を上げた時にそのチカチカが原因で犯人の顔もよく見る事ができなくなってしまいます。

日によって帰宅ルートを変える

毎日、同じ道を通ると相手が待ち伏せをしやすくなるので、複数のルールを用意しておきましょう。ストーカー被害を減らすのにとても有効です。

+αで防犯対策

防犯ブザー

防犯ブザーは大きな音で犯人に威嚇ができます。犯人よりも弱い立場にある女性が持つ事で威嚇の効果を発揮します。

護身用の棒

護身用の棒は、犯人に襲われた時などに突き刺すもので、相手に少ない力で大きなダメージを与る事ができます。棒の先がとがっているので、加えられた力が一点に集中します。なので女性の力でも、結構な痛みを与える事ができます。

懐中電灯

懐中電灯で犯人の顔をてらす事ができ、万が一被害にあった時も他の人が気付きやすくなるので、持っておいて損はないです。

まとめ

自分でできる工夫を沢山して損はないです。私は、夜道を一人歩きする時は「もしかしたら、今日これから被害にあうかもしれない。」という意識で常に細心の注意をして歩きます。

何度も後ろを振り返り、前から人が来る時もなるべく距離を取りいつでも、逃げれるように準備をします。備えあれば患いなしです。

自分の身は自分で守りましょう。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする