PR


犬が嘔吐した!原因と対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、たぬきです🔆

犬を飼っているみなさん、犬の嘔吐について詳しくご存知でしょうか。
犬は嘔吐をしやすい生き物なので、嘔吐をする事は珍しいものではありません。

しかし、何か怖い事が原因で嘔吐をしている場合もあります。犬は喋れないので飼い主である私達がきちんと、ジャッチしてあげる事が大事なのです。

なので、今回は甘く見てはいけない犬の嘔吐についてお話します。

嘔吐しやすい犬種がいる

嘔吐をしやすい犬種が存在します。チワワやトイ・プードルなどの器官が細い犬種は物が詰まりやすく、咳をする事が多いです。「ケホッ」と、咳をしているその勢いで嘔吐をする事が多いと言われています。

また他にも、パグや、シーズー、フレンチ・ブルドッグなどの短頭種の犬も嘔吐しやすいです。

こういった嘔吐しやすい犬に関しては人一倍の注意が必要なので、飼育する前にこうして下調べをしておく事も大事な事です。

わん太
僕たちを勢いで飼わないでね(>_<)

犬が嘔吐する原因

【軽度】

・水の飲みすぎ
・食べ過ぎ
・車酔い
・異物を食べた
・空腹によるもの

【重度】

・ウィルス性腸炎
・細菌性腸炎
・胃捻転
・胃腸疾患
・肝疾患
・腎不全

病院へ連れて行く基準

大事な愛犬が嘔吐をしてしまった時「この子を病院へ連れて行った方が良いかな?」と心配になりますよね。

しかし、病院へ連れていく基準が分からないとどうしていいものか分かりませんよね。

獣医さんに「これくらいで来たんですか?」なんて言われてしまうんじゃないって気にするよね・・・。

わん太
素人には判断が難しいもんね(>_<)

大丈夫!素人の飼い主さんでも簡単な方法で病院へ連れて行く基準をチェックできる項目があるのです。順番に見てきましょう。

・嘔吐物に血が混ざってないか?
・嘔吐した後、ぐったりしてないか?
・下痢や発熱はないか?

この3つを見て、1つでも該当する場合は早急に動物病院へ行くことをおすすめします。

しかし、嘔吐した後にぐったりしていないか?の項目の場合は例外も多いです。

人間も嘔吐した後は疲れるし、気分が悪いものですよね。犬も同じで「ただそれだけ」って場合もあります。犬は全身を使って嘔吐するので人間よりも疲れやすいのです。

ただ、飼い主さんが「病院へ連れて行きたい。」と思ったらすぐに連れて行ってあげてくださいね。

病院へ連れて行く場合

病院へ連れて行く場合、診察をスムーズに行うためにも以下の事をチェックして、獣医さんに伝えましょう!

・嘔吐物の量・色・回数
・嘔吐物に何か混じってないか
・いつ嘔吐したか
・嘔吐する前の様子
・嘔吐した後の様子
・他の症状はあるか

きちんとメモをとり正確に伝えましょう。これを伝える事で正しい診断の手助けになります。

わん太
パニックにならず冷静にね!

嘔吐した後のご飯

軽度の嘔吐でも、重度の嘔吐でも吐いた後の犬の体は優しくケアをしてあげる事が望ましいです。

理想のケア方法としては、半日から1日程度、消化器を休めるために断食をさせてください。お水は半日程度の我慢です。

飼い主の私も一緒に断食しちゃよ!!!

そして、断食が終えた後のご飯は胃腸に優しく消化の良い物にすると負担無く食べられます。ぬるま湯にドックフードをふやかして少しずつ食べさせてあげてください。

しかし、必ずしも断食が正しいとは言えません。仔犬やシニア犬の場合、かえって体の負担になる恐れもあるので獣医さんの指示に従ってください。

まとめ

大事な愛犬の飼い主として覚えておきたい知識が増えましたね。

「うちの子はいつも嘔吐するよ!」って飼い主さんも、「まだ飼いたてで嘔吐は一度も無いよ。」って飼い主さんもぜひ、参考にしてほしいです。

わん太
いざという時に僕たちを救ってね!

愛犬の体の異変に一早く気づいて、ケアをしてあげる事が飼い主としてできる愛情ですよね。

みなさんの愛犬が元気に幸せでありますように。

AD


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする